オートマチックトランスミッション警告灯
E46のオルタネータ交換後の試走中、「ギヤの中に!マーク」のトランスミッション警告灯が点灯。メカ的に変速は出来ているようだが、シフトポジションセンサーか?とか思いつつ、コンビニで再始動したら消えた。OBD2診断器を持っていないのでエラーコードがわからずモヤモヤするが、様子見としよう。
09/09 23:05 |  E46 故障
バッテリー上がり
エンジン停止し、ハザードを焚いていたらバッテリーがあがった。症状としては、セルが全く回らずナビは再起動を繰り返し、HIDはストロボと化していた。そういえば、1時間程前にDSCとAT警告灯が点灯した気がしないでもない。

レッカーを読んでジャンプスタートし、幸い自宅近場だったので駐車場まで自走。20分ほど放置し再び始動を試みるもセル回らず。回転数2000rpmくらいが発電効率が一番良いとか聞いたことがある気がするが、充電がてら低い回転数で放置したため、効率良く充電出来なかったのだろうか。

ミニに乗っている時には考えられなかったが、テスターを積んでおらず電圧を確認出来なかった。バッテリーの劣化だろうか。それともオルタネータだろうか。
08/12 23:10 |  E46 故障
template design by takamu
Copyright © 2005 Brutus All Rights Reserved