124ccエンジン取付番外編2
クラッチワイヤーハンドルストッパーフューエルコック



以下の作業を実施しボロcubさんが帰ってきた。①クラッチをバラし、固着したオイルを洗浄。②ステム周り増す締め。③クラッチワイヤー製作。④ハンドルストッパー溶接。⑤間違いの指摘 orz
さすがプロだ。ハンドルロックもキレイに溶接。塗装ば自分でしろとの事。了解。フューエルコック。部がフィルターっぽい機能があるらしく、この部分を下にしないと意味が無いとの事。僕は上下逆につけていた。
計¥19688-

最後に、ぶん回して何年くらい持ちますかね?と聞いたところ
「1年もてばいいんじゃない?」との御回答を頂きました。
ますますこのエンジンが気に入りました。
05/06 14:30 |  cub 依頼 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://brutus.blog5.fc2.com/tb.php/167-045cfdc0
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2005 Brutus All Rights Reserved