念願の水温センサ交換




水温センサ交換の続き。冷却水のホース2本をなんとか抜き取り、フューエルパイプを外そうとするも、アダプタの方が緩んでしまい、パイプassyも変形させてしまった。この時点で、パイプの後日交換が決定したので更に変形させつつアダプタから無理矢理外す。これでインジェクタを持ち上げ移動させる事が出来た。ただし、ブレーキサーボ用のバキュームホースは接続したまま(シールワッシャの品番が分からず注文出来ないから LYF10017:バンジョーボルトワッシャー)。ここでやっと念願の水温センサを交換。次は排気系ガスケット交換作業。エキマニを1/2inchで取り外しスタッドボルトをダブルナットで取り外す。新品スタッドボルトは注文済みだが未着なので後日取付作業となる。
ついでにアッパー揺れ止めkitの取り付け直しの準備作業を実施。以前、エキマニのスタッドボルトが抜けず、MINI-shopに取付依頼したが、問題のスタッドボルトを抜かずにステーを変形させ固定されてしまった。この状態だとブッシュが斜めに圧縮されてしまう。エキマニを外した現状ならば問題のスタッドボルト周りにスペースが出来たので、外れるのではとダブルナットで挑戦するとあっさりと外れた。ので、自分でリペアします。ただ、抜いたスタッドの代わりに入れるボルトとオフセット用のカラーをshopから受取っていないのでTEL。ちなみに、このボルトはユニファイ5/16の細目ネジ。ホームセンター等では取り寄せない限り売ってはいない。
01/24 17:54 |  mini D.I.Y | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://brutus.blog5.fc2.com/tb.php/864-93bf0e18
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2005 Brutus All Rights Reserved