FC2ブログ
オルタネータ 取り外し

製造メーカと製造国を確認するために、朝からオルタを外してみた。作業は至って簡単。以下の手順で外していけばオルタが外れ左画像の状態となる。こうして列記すると長いが作業は30分程だった。
・ マイナス端子
・ インテークダクト (ファスナー3箇所)
・ エアフロセンサコネクタ (金属部を押せば抜ける)
・ エアクリとダクトの接続 (クリップ2箇所)
・ エアクリに固定されたケーブル (フック固定解除)
・ エアクリ (M10 x2箇所)
・ パワステフルードリザーブタンク (M13 x2箇所)
・ シュラウド (T25, ファスナー 各1箇所)
・ シュラウド固定のカプラ (2箇所)
・ ファンカップリング (SST。時計回りで緩む, 締付トルク40Nm)
・ テンショナプーリを緩めベルト解放 (T25)
・ オルタ共締めアイドラプーリボルト (5/8inch, 締付トルク45Nm)
・ オルタ固定ボルト (5/8inch, 締付トルク43Nm)
・ オルタコネクタ (金属部を押せば抜ける)
・ オルタプラス端子 (M17プラ)
クーリングダクトの中に何かいる(中央画像)。枯葉だ(右画像)。ゴミ混入でオルタから出火し車両火災とかにならなくて良かったね。

で、目的のメーカと製造国は、BOSCHの南アフリカ製(品番0124515050)。純正品番は12317501690だろう。購入はValeo製にしよう。しかし、ライフが短過ぎないか?
08/27 13:52 |  E46 D.I.Y
template design by takamu
Copyright © 2005 Brutus All Rights Reserved